ぼったくりに負けない

be water myfriend by李小龍

映画アバウト・タイム 愛おしい時間についてより「タイムトラベルの出番はなくなった」

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

読んでくださりありがとうございます。
本日もお疲れ様でした🙂
今回は、先日イオンシネマ港北ニュータウンで鑑賞した映画「アバウト・タイム
愛おしい時間について」の感想を書かせて頂きます。
限定リバイバル上映ということで、ダッシュで行ってきました🙂
しかし、上映時間を間違えるというミスを犯し冒頭10分くらい見逃しましたね😅
私は映画を観ることに情熱を傾けてるので、結構気落ちしました😥
タイトルは、ティムの台詞よりです。

ネタバレしていきますので、未見の方はご注意下さい。
以下は、ChatGPTが作成した文です。


【**映画『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』(About Time) の概要**

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』は2013年に公開されたイギリスのロマンティック・コメディドラマ映画です。リチャード・カーティスが監督・脚本を担当し、ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス、ビル・ナイらが出演しています。この映画は、タイムトラベルという奇想天外な設定を用いながら、家族の愛、人生の儚さ、そして日常の尊さを描いた作品です。

### あらすじ

映画は、イギリスのコーンウォール地方に住む21歳の青年ティム・レイク(ドーナル・グリーソン)が、自分の家系にはタイムトラベル能力があると父親(ビル・ナイ)から知らされるところから始まります。この能力は、家系の男性が人生のある時点に戻ることができるというもので、過去の失敗や不運を修正することができます。しかし、未来を変えることはできません。

ティムはこの能力を使って、まずは恋愛を成功させたいと考えます。ロンドンでの新生活を始めた彼は、ある夜に出会った魅力的な女性、メアリー(レイチェル・マクアダムス)と恋に落ちます。ティムは何度もタイムトラベルを繰り返し、メアリーとの関係を完璧なものにしようと努力します。デートの際の失敗や、彼女との最初の出会いをやり直すことで、ついに彼女の心をつかみ、二人は結婚します。

### タイムトラベルのルールと制約

ティムのタイムトラベルにはいくつかのルールと制約があります。彼は自分の人生のある時点に戻ることはできても、他の人の時間を直接変えることはできません。また、大きな出来事を変えた場合、その後の人生にも予期せぬ影響が及ぶことがあります。例えば、ティムが妹キットカット(リディア・ウィルソン)の事故を防ごうと過去に戻ると、自分の娘が息子に変わるなど、些細な変化でも大きな結果をもたらします。
### ティムの成長と家族の絆

物語が進むにつれ、ティムはタイムトラベルの力を利用することで完璧な人生を追求するのではなく、むしろ日々の小さな瞬間や家族との絆を大切にすることの重要性に気づきます。彼の父親が病気で亡くなる際、ティムは過去に戻って父と過ごす時間を増やします。しかし、やがて過去に戻ること自体が家族や自分にとって負担になることを理解し、現在の時間を大切に生きる決意をします。
父親との最後の会話で、彼は「二度目の人生」を提案されます。つまり、最初は普通に人生を生き、次にタイムトラベルで戻って同じ一日をもう一度楽しむというものです。しかし、最終的にはタイムトラベルに頼らず、最初から全力で日々を生きることを選びます。

### クライマックスとメッセージ

クライマックスでは、ティムはタイムトラベルを一切せずに生活することを決意し、現在を愛おしむことの大切さを理解します。彼は家族との時間を大切にし、毎日の小さな喜びや瞬間を楽しむようになります。この決意は、彼が父親の死を受け入れ、メアリーとの生活を築いていく過程で明らかになります。
映画のエンディングでは、ティムがメアリーとの家庭生活を充実させ、日々の喜びを大切にしながら生きる様子が描かれます。彼はタイムトラベルの力をもう使わないと決めたことからも、彼が本当に成長したことが伺えます。これにより、観客に対して「今この瞬間を大切に生きること」の重要性を訴えかけます。

### 映画のテーマと評価

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』は、タイムトラベルを題材にしながらも、物語の中心には人間関係や日常の尊さが据えられています。タイムトラベルによって理想的な人生を追求するのではなく、むしろ現在を生きること、愛する人々との時間を大切にすることがテーマです。
映画はその温かいメッセージやキャストの素晴らしい演技、特にドーナル・グリーソンとビル・ナイの親子の絆の描写が高く評価されました。観客からはその感動的なストーリーや人間らしさ、ユーモアも称賛され、多くの人々にとって心に残る作品となっています。

タイムトラベルという一見空想的なテーマを通じて、日常の尊さや家族の絆を描くことで、観客に普遍的なメッセージを伝えたこの映画は、ただのロマンティック・コメディにとどまらず、深い人生の教訓を提供しています。
### まとめ

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』は、タイムトラベルを通じて家族の愛や人生の一瞬一瞬を大切にすることの重要性を描いた映画です。ティム・レイクの成長と彼の家族との絆を通して、観客に「今この瞬間を大切に生きる」という普遍的なメッセージを伝えています。特に、タイムトラベルの能力を持つことにより得られる洞察や、最終的にはその能力に頼らない選択が、人生の真の豊かさを教えてくれる作品です。

かなり精度の高い文ですね。
私が入り込む余地が…いや一番チャーミングだったのはやはりメアリーを演じたレイチェル・マクアダムスです🙂
前髪ぱっつんだろうが、流行じゃない服を着ようが、持ち前の美しさは隠せません😁
彼女の魅力があふれるシーン満載でしたね🙂
特に初登場シーンはなかなかの演出でして、ティムじゃなくても大多数の男は一目惚れしてもおかしくないでしょう🫡

また、メアリーの友人ジョアンナ役でヴァネッサ・カービー、ティムの初恋の人シャーロット役でマーゴット・ロビーが出てるのも見逃せません☝️
ヴァネッサはちょっと化粧が濃いめですが、そういう役ですし😀
マーゴットは相変わらず絵に書いたような金髪美人です🙂
今考えるとなかなかの豪華キャストですね👍


タイムトラベルものながら、最後はうまくまとめて終わる…ある意味王道ですが良い着地点だと思います🙂

一応DVDのリンクも貼っておきますね🔗


ここまで付き合ってくれた方、ありがとうございます!
スターやブックマークしてくださる方、ありがとうございます!
それでは、日本からぼったくり被害が減ることを願って、また!



映画ランキング
映画ランキング


↑登録して頂けたら、非常に嬉しいです!