kazuyuki’s blog

be water myfriend by李小龍

余に風神が宿られた!

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

遅い時間に失礼します。

皆様、お疲れ様です。

今回は、私の好きな香港映画、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱」について感想を書かせて頂きます。

 

※ネタバレしていきますので、未見の方はご注意ください。

 

 

 

ツイ・ハーク監督作、ジェット・リーが実在した武術家ウォン・フェイフォンを演じるワン・チャイシリーズの第2作ですね。

共演にロザムンド・クワン、ション・シンシン、ドニー・イェンとなかなか豪華です。

 

冒頭から、白蓮教徒の怪しげな儀式?のような場面が映し出され、親玉のクン大師の身体能力が披露されます。

刃を通さない皮膚、急所も頑丈、しまいには胸に銃を受けても平気という(これはからくりがありますが)超人ぶり。

これにウォン師匠はどう戦うのかと、少々不安になります。

 

ウォン一行の場面になると早速、白蓮教徒の一団と戦いになり、ジェット・リーの華麗なアクションが見れますね。

蹴りがかっこいいです、本当に。

 

その後は、意識を失ったイー叔母を介抱したり、なんなりがあり、孫文や友人のトンさん(でしたよね?)と会ったり…。

 

中盤、ウォン師匠がドニー演じるラン提督に会いに行った時、2人の棒術対決が見れます。

最初は提督の訓練シーンから始まり、ウォン師匠が来ると、提督は足を使って棒を師匠へ。

そこから2人の手合わせが始まるんですが、双方年齢が若いのもあってか、動きにキレがありすぎます。

ウォン師匠は話をしに来ただけなので、防戦気味ですが、最後に出した突きが柱に当たるんですよ。

で、その柱が折れなかったのを見て、提督が手合わせを止めるような描写になってます。

(この師匠が突いた柱にはオチがあります)

 

それからも色々あり、 ウォン師匠とトンさんは白蓮教に入信するふりをしてアジトへ。

ここで当然戦闘になりますが、子供が誤射で撃たれてしまうのは映画とはいえ、悲しいです。

傘を使って、教徒達を蹴散らすウォン師匠ですが、傘が折れてしまいます。

命を捨てて向かってくる教徒達に、トンさんは諦めかけますが、そこでウォン師匠が急に高笑い。

そして、この記事のタイトルになっている台詞を吐くんですよね。

ここはうまいです、こういう教徒達には効果的でしょう。 

祭壇を焼く、と脅すとクン大師の登場です。

(演じるション・シンシンは、このシリーズの1作目にはジェット・リーのスタントをして、3作目には鬼脚のチー役で出演しています)

 

ウォン師匠の攻撃は、大師にもしっかり効いているようです。

最終的に、高いところから落ちたら負けみたいなルールになってましたね。

結局、ウォン師匠が先に落ちそうになりますが、無影脚を繰り出し、部下が救おうとして布を広げますが、位置が合わずにクン大師が落下。

これでほぼ勝負ありです。

最後はウォン師匠の蹴りで吹っ飛ばされ、仏像の指に背中から刺さってしまいました。 

この時、胸に鉄板をつけていたのが明らかになります。

 

その後は、トンさんやフーと共に、孫文に名簿を届けに向かう一行でしたが…。

トンさんは銃殺され、ついに提督と戦闘に。

この格闘シーンは、本当に凄いですね。

 

長い棒を使って提督を牽制する師匠、その後棒を折られ、短い棒2本持ちでの前半戦。

場所が変わり、布棒を使い出した提督との後半戦、ほぼほぼ互角というか、でも若干ウォン師匠が優勢という感じですよね。

前半戦はウォン師匠がうまく環境を利用して、時間を稼いでましたし。

後半戦の布棒も、フーが一発喰らった時はヤバいと思いましたが、師匠が足で布棒を止めてからは、割とすぐ決着でしたね。

最後はトンさんの形見である布を、船にいる孫文に投げ渡して、この映画は幕を閉じます。

 

香港アクション好きの方なら、必ず楽しめる映画だと思います。

このシリーズは主題歌も印象的ですよね。

 

私はDVDでも見ましたが、10年近く前に、確か六本木で上映会をやってて、運良く観にいけたんですよ。

ドニーと縁のある、スタントコーディネーターの谷垣健治さんのトークショーつきで。

映画が終わった時、お客さん皆が拍手していたのを今でもよく覚えています。

その後は谷垣さんのトークショーが始まり、第一声が「ジェット・リーもドニーも肌つるつるだね!」と言ってて笑いました。

谷垣さんはお菓子を持ってきてくれてて、でも全員分ないので、ランダムに投げるからキャッチした人だけねって話になり、運良く私もキャッチ出来たのはいい思い出です。

 

アマゾンのリンクを貼らせて頂きますね。

 

ここまで付き合ってくれた方、本当にありがとうございます!

はてなスターつけてくれている方々、ありがとうございます!

それでは、日本からぼったくり被害が減ることを願って、また!