ぼったくりに負けない

be water myfriend by李小龍

書籍人材を人財に変えるより「人生における勝者への道」

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

読んでくださりありがとうございます。
本日もお疲れ様でした🙂
今回は、ブライアン・トレーシー氏の著書 田中孝顕氏 訳、きこ書房より出版「人材を人財に変える」について感想を書かせて頂きます。
タイトルは、第14章より取りました。

私が読んでて印象に残った箇所は、【自信と勇気を育てる三つの公式、もしくは恐怖を取り去る三つの公式】という部分ですね。
一文を紹介しますと
そこで恐怖心を克服する鍵を紹介しよう。その第一は、「フリをする」ことだ。恐れていることなどはないようなフリをしてみよう。怖いものなど何もないというフリをする。このフリをしながら、自分に問いかけてみる。
「何も怖いものなどなかったら、私はどのような言動をするだろうか?」
こういうのを、「墓地で口笛を吹く」という。男の子が墓地を抜けて家に帰ってくるとき、口笛を吹いて恐怖心を抑えようとしているのと似ている。あなたも最初にフリをして、そのフリがじっさいのものに変わるまで装っていれば、あなたの潜在意識に潜む恐怖心もやがて消えていくだろう】

と、あります。



昔の私なら、バカバカしいと笑って無視したでしょうが、今は違いますね。
なぜなら、自分も気分を上げようとする時に、わざと口笛を吹いたりするからです。
機嫌がいいから口笛を吹くのでなく、気分を上げようとして口笛を吹くのです。
多少の効果はありますし、気分が塞ぎがちな時もなんとか乗り切れる気がしますね🖐️
意外と、「フリをする」というのは実用的なテクニックかと😀

この本は、どちらかというと管理職やセールスパーソン向けに書かれてますね🙂
93年発行の本ですが、現代にも通じる内容もあると思います。 
商品のリンクを貼っておきますね🔗

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます!
スターやブックマークしてくださる方、ありがとうございます!
それでは、日本からぼったくり被害が減ることを願って、また!

読書日記ランキング
読書日記ランキング


↑登録して頂けたら、非常に嬉しいです!