ぼったくりに負けない

be water myfriend by李小龍

敵を片付ける

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

皆様、お疲れ様です。

今回は、先日イオンシネマみなとみらいで鑑賞した映画「ワイルドスピード ファイヤーブースト」の感想を書かせて頂きます。

※ネタバレしていきますので、未見の方はご注意下さい。

 

 

 

冒頭は麻薬王レイエスとその息子ダンテ(ジェイソン・モモア)の会話シーンから始まります。

その後過去の映像が少し流れますが、故ポール・ウォーカーがスクリーンに映し出されただけで、私は少しウルッときてしまいました。

 

映像が現在に戻り、ファミリーの食事シーン。

そして夜になると、まさかのサイファーの訪問です。

ドムからするとエレナの仇なので、最初は思わず詰め寄ってましたね。

今までサイファーが割と重傷を負ってることってなかった気がします。

アイスブレイクでも、リトルBを人質っぽくしてうまくデッカードから逃げてましたし。

そのサイファーがそれなりに傷を負わされて…それだけダンテが危険で凶悪ってことですね。

サイファーの部下たちの家族を捕らえて、簡単に寝返らせるのは手際がいいとしかいえません。

 

ローマン達がミッションに向かったローマ(劇中で本人がネタにしてましたね)も、ダンテの罠で中性子爆弾と移動するハメに。

更にトラックは遠隔操作で制御不能、ハンとローマンが体当たりでギリギリ停めますが、ダンテは転がし作戦を開始。 

最終的にローマンが「手は尽くした、爆破半径から離れろ」とドムに言いますが、彼はクレーン❓を車で動かし、それを爆弾に当ててギリギリ水面へ。

それでも町に被害は出てましたね。

更にレティが諜報機関に捕らえられてしまいます。

 

結局レティは新キャラのテス(ブリー・ラーソン)と芝居をして、サイファーと同じ施設に送られます。

ドムがテスに、レティの救出を依頼するシーンはあのペンダントがキーになってましたね。

その前にテスが男たちをノックアウトするシーンはかっこ良すぎました。

ブリー・ラーソンの目の演技がいいですね。

 

何やかんやで、ドムとダンテとイザベル(見たことあると思ったら、ダニエラ・メルヒオールさんでした)とディエゴでストリートレースをする展開に。

直前のダンテの台詞で、ドムは仕掛けに気付きますが、レースは止められません。

最終的にはディエゴは車を爆破され亡くなり、イザベルは何とか救出。

ダンテには逃げられます。

その後イザベルはエレナの妹さんだった事が判明。

 

その間にローマン達はデッカードを訪ねたり。

共闘して敵を蹴散らしたり。

私はステイサムがトランス・ポーターの頃から好きなので、彼のアクションパートは期待していました。

(タイトルは彼のセリフからです)

相変わらず動きにキレがありましたが、出番がちょっと短かったですね。

そこは次作に期待です。

 

内容が前後しますが、ミアとゲームしてるリトルBの所にも追っ手が迫るシーンがあります。

そこを救ったのはジェイコブでした。

そこから暫くジェイコブとリトルBは行動を共にします。

その過程で2人の絆も深まっていく感じが凄くよかったです。

ジェイコブも「ジェットブレイク」のひねた弟ぶりはどこへやら、ノリの良いおじさんになってましたね。 

ですが彼は、終盤に運転していたキャノンカーが燃料漏れしていることに気付きます。 

するとドムに「兄貴の影を出られる」「息子を救え」と伝え、ドムの制止も聞かずに敵の車数台と共に自爆してしまいました…。

普通の人間なら助かりません。 

ですがこのシリーズは新作が公開される度に現実離れしており、スピンオフの「スーパーコンボ」では、とうとう銃が効かないブリクストンという超人が出てきました。 

まああれは、ホブスとデッカードがもともと超人的に強いので、相手は本当の超人にするしかなかったというのもありそうですが。

なんにせよ、ジョン・シナの演技も確実に良くなってますし、ドムの弟であるジェイコブというキャラクターをあそこで退場させるのはもったいないと思うんですよね。

ハンも奇跡の生還を果たしましたし、私は復活を強く望みます。

 

最後はタンクローリー❓挟み撃ちも何とか回避し、ドムはリトルBを救出。

ローマン達は、実は内通していたエイムス(アラン・リッチソン)にヘリごと撃墜されましたが、ほぼ生きてるでしょう。

確か前作で、宇宙空間でも生きてましたしね。

 

レティとサイファーは一度は格闘しますが、場所が南極だった事もあり、結局は2人で行動します。

この格闘シーン、見応えありました。

(監督なしで撮ったなんて話があるそうですね)

そして、突如姿を現す巨大な潜水艦。(違ってたらすいません💦)

その上に立っていたのは、あの「彼女」でした!

あのシーンは良いサプライズです。

 

もう一つのシーンでは、ダンテはあの男もターゲットにしていたことが発覚。

彼はダンテから着信があったスマホを握りつぶし、「すぐに見つけてやる。くず野郎」と言います。

英語だと「son bitch」と言っていた気がしますね。

次作から復帰してくれるのかな。

 

 

全体的にダンテの凶悪さ、狡猾さが際だった展開でした。

ジェイソン・モモアは非常に上手く演じていたと思います。

テスもいい感じでしたね、ダンテの車を靴でぐりぐりやるシーンはイカしてます。

次作はファミリーの反撃が始まるのでしょう。

ただ、3部作になるという噂があるので、まだもうひと悶着あるのかも知れませんね。

 

イオンシネマのポスターです、斜めってしまい恐縮ですが↓


f:id:ktaroumaru:20230520012412j:image

ここまで付き合ってくれた方、本当にありがとうございます!

はてなスターつけてくれている方々、ありがとうございます!

それでは、日本からぼったくり被害が減ることを願って、また!